ほっとけない 世界のまずしさ
プロフィール

ありす

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

空と人間が大好き! どちらも変わりやすいもの。だからこそ一瞬を見逃せない☆ そんな小さな幸せに気付き始めた今日この頃。 どなたでもコメント歓迎です♪ 足跡あれば辿ります☆
スポンサーサイト
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
真っ直ぐ
真っ直ぐ
このことは記しておかなければまた同じ過ちを犯してしまいそうだから。。。
貴方がみてることを祈って書きます。
貴方の真っ直ぐとした声で私の朦朧とした意識ははっきりとしました。
居るはずのない人と貴方と私の暫く三人は何も言葉を交わしませんでした。
「二人で話がしたい」
と言われ、部屋をあとにした貴方。その背中は見えなかった。
寒空の下、貴方は一人何を思っていたのですか?
長い時間一人、明けぬ空を見つめ何を感じていたのですか?
暫くして呼ばれた貴方は部屋へと帰ってきました。寒さに震えながら。
私の手を握り締めた時、本当に冷たかった。
「冷たくてごめん」
いつも不安な時、辛い時、私のココロを温めていたのは今冷え切ってしまったこの手なんです。
「この手を離したくないよ」
と、真っ直ぐに。
ありがとう。本当にありがとう。
私は冷えてしまった貴方の手を温める選択をしなかった。
部屋を去る時、私は貴方を見ることが出来なかった。
自分で傷つけたものを見たくなくて……
俯いた私に一言一言届く貴方の真っ直ぐな声。
最後に僅かに見えた涙。
真っ直ぐな眼で、真っ直ぐな感情で、真っ直ぐな言葉の貴方そっくりの真っ直ぐの涙でした。
傷つけてごめんなさい。
でも一緒に居たかったのは事実です。
真っ直ぐな貴方が大好きだったから。。。
「ありがとう」
と言った貴方。
そんな言葉言われるほどの事できなかったよ。
ごめんね。ごめんなさい。
今でも大切な人。真っ直ぐに届いて下さい。
スポンサーサイト
【2006/01/29 17:03】 | ひとり言 | TrackBack(0) | Comment(4) |
<<始発電車 * Home * 生きる糧>>
Comment
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/01/29 18:17】 | #[ 編集]
ありがとう。。
届いてよかった。
【2006/01/29 20:23】 URL | ありす #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/02/05 00:23】 | #[ 編集]
絶対に忘れません。
むしろあんな真っ直ぐな涙は忘れられません。
頑張りますよ!!
【2006/02/05 05:19】 URL | ありす #-[ 編集]
Comment Write












管理者にだけ表示を許可する

TrackBack
TrackBack URL
http://airis05aris.blog12.fc2.com/tb.php/588-ea80fde1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Home*
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。