ほっとけない 世界のまずしさ
プロフィール

ありす

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

空と人間が大好き! どちらも変わりやすいもの。だからこそ一瞬を見逃せない☆ そんな小さな幸せに気付き始めた今日この頃。 どなたでもコメント歓迎です♪ 足跡あれば辿ります☆
スポンサーサイト
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
あなたは  幸せでいて
あなたは 幸せでいて
昨日は 「幸せのちから」を 観てきました。

以下 ネタバレ





舞台はアメリカ。
とある家族の父親の半生を描いたものです。

父親は医療機器のセールスマン。来る日も来る日も機械を売ろうと街の病院を訪れるが、高価なため中々売ることができない。
母親は家計を助けるために供に働く。その労働時間は日16時間にもおよぶ。
だが 一向に生活は楽にはならない。
そんな2人には5歳になる男の子がいる。

息子の誕生日を迎えた数日後 遂に奥さんが家を出る。
口論の末、息子は手元に連れてはこれた。
機械が4ヶ月で売れ、一見家計は安定したかのように見えたが ある日、警告なしに税金を口座から引き出され 残金21ドルとなる。
父は必死に稼ごうと株の仲買人となる。が 半年は給料が出ない。



こんな生活で息子の顔がたまらなく切ないです…
母親が父親に電話で出ていくことを告げたシーンや、家に入れなくなるシーン。
極めつけは 「僕のせいでママはいなくなったの?」の一言。
切なすぎる!
子どもってそういうのを敏感に感じとるし、自分が悪いのだと思うからなぁ…
そんな切ない描写に涙でした。。。

幸せってなんなのだろうかって 思います。
スポンサーサイト
【2007/02/09 16:04】 | 日記 | TrackBack(0) | Comment(0) |
<<きたー * Home * 幽体離脱 戦線離脱>>
Comment
Comment Write












管理者にだけ表示を許可する

TrackBack
TrackBack URL
http://airis05aris.blog12.fc2.com/tb.php/1374-251adad7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Home*
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。