ほっとけない 世界のまずしさ
プロフィール

ありす

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

空と人間が大好き! どちらも変わりやすいもの。だからこそ一瞬を見逃せない☆ そんな小さな幸せに気付き始めた今日この頃。 どなたでもコメント歓迎です♪ 足跡あれば辿ります☆
スポンサーサイト
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
暗闇
暗闇
キャンプで洞窟探検に行きました。
その時洞窟の本当の暗闇という物を体験しました。
唯一の光であるヘッドライトの電源を皆で切り、ただ何も喋らずに、暫くその場に座っていました。
暗闇はいつもと違っていつまでたっても目は慣れず暗いまま…
これが本当の闇だと指導員さんは話していました。
何も見えない。何も聞こえない。ただ自分の肌をひんやりとした空気が触れる。その感覚だけが自分の存在を支える、そんな世界でした。
目を開けているのか、閉じているのかそんな簡単なことさえも分からない空間。とても"死"の世界が近い気がしました。
何の音もしない空間では、自分の呼吸と心音がやけに大きく聞こえたりもしました。。
怖いという感覚よりも、これが"無"なんだという思いだけが頭をぐるぐる…死ぬのがリアルに怖いと感じた瞬間。
どれだけ自分は日常の光に守られているかがわかった。
物理的に物が見える見えないじゃなくて、精神的にも光って大切なんだってことを身をもって実感。

これってきっと友達もそうだと思う。
人は独りじゃ生きていけないって言うけど、独りの状態がきっと私が体験した本当の暗闇で、側にいる誰かが光なのかもしれない。
光は大切。。
スポンサーサイト
【2005/08/24 21:14】 | 思うこと | TrackBack(0) | Comment(0) |
<<泣いたり笑ったり * Home * 気が付いたら…>>
Comment
Comment Write












管理者にだけ表示を許可する

TrackBack
TrackBack URL
http://airis05aris.blog12.fc2.com/tb.php/135-97cdaeec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Home*
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。