ほっとけない 世界のまずしさ
プロフィール

ありす

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

空と人間が大好き! どちらも変わりやすいもの。だからこそ一瞬を見逃せない☆ そんな小さな幸せに気付き始めた今日この頃。 どなたでもコメント歓迎です♪ 足跡あれば辿ります☆
スポンサーサイト
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
あたしの生きる場所
あたしの生きる場所
生き返った。
死んでいたわけでもないけれど そう思う。

今までのあたしは何かしら取り繕っていたのかもしれない。
誰かに必要にされたくて 必死で必死で。
でもそんなことはいらないことだったのかもしれない。

馴れ合いでもない。おんぶ抱っこでもない。
この距離がすごく心地よかった。
電話の声は本当にあたしを満たして。
何の言葉も出なかった。
それでもいいんだ。
何も変わっていない。
あたしの帰る場所はずっとあったんだ。
ただちょこっと離れてしまっただけのこと。
心はいつだって繋がっていた。
全ての言葉が真っ直ぐで。
全部こぼさずあたしに届いたよ。

「いつでも帰っておいで。」
その言葉はあたしの全てを清算してくれた。
足りなかったのは これなんだ。
どんなあたしだって 帰りを待っている。
友達とか親友とか そんな言葉ではくくれない。
くくりたくない。
この人に似合う言葉は何だろうって思った。
でも そんな言葉を考える必要もなくて。

生きていることに満たされて 今は何の言葉すら浮かばない。
一緒に歩こう。
ただその言葉だけでいいんだ。
決して空虚ではなかったこの生活だけれど。
それでも無意識に帰る場所を探していたんだ。





心が 体が楽になる。
久しぶりに訪れた快感。
それを共に感じることの幸せ。
ありがとう。それだけでいいの。
あたしには十分すぎること。

戻りたいと思った。
でも 戻らなくても変わらないものがあると教えてくれた。
あたしはもう一度歩ける。

同じ空にあなたが生きているから。
いつも ここにいるよ。
あなたも ここにいるのね。

大丈夫。
もう 歩き出せる。
スポンサーサイト
【2006/09/10 02:39】 | 思うこと | TrackBack(0) | Comment(0) |
<<すき * Home * 星に願いを>>
Comment
Comment Write












管理者にだけ表示を許可する

TrackBack
TrackBack URL
http://airis05aris.blog12.fc2.com/tb.php/1128-b4769fe8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Home*
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。